30歳童貞彼女なしで辛い。生きる意味はあるのか

http://www.allschool.com.tw/

*

30歳童貞彼女なしで辛い。生きる意味はあるのか。どうすれば良い女性と出会える?

出会いのきっかけ自体は以前よりも絶対に増えているはずです。

なぜかというとフェイスブックやツイッターなどといったSNSツールが飛躍的に普及しているからです。

しかし現実にはそれにも関わらず、出会いのチャンス自体が全くない人や、出会いがあってもそのことを成功につなげられない人が増えています。つまり日本では恋愛離れが着実に進行しているということです。

最近は30才を超えて童貞のままの人も多く、恥ずかしいので童貞卒業したい気持ちと、初体験で女性に軽蔑されるんじゃないかと不安になる気持ちで、まだ童貞のままでもいいやと諦める男性も少なくありません。

そういう男性は童貞卒業方法を熟読して、スムーズに素人童貞を捨てられるように頑張りましょう。

そして、そんな時代背景の中、私が女性の口説き方について失敗してしまった体験談を紹介します。

私には思いを寄せている女性が同じ職場にいました。とにかくおとなしくておっとりとしていて、癒し系タイプの女の子です。職場においてもいわば、働いている人達に癒しを与えてくれるマスコットのような存在だと言えます。

そんな女の子と付き合うことができて、いつでも一緒にいられたならばどんなに幸せだろうかと期待を持っていました。

その女の子を口説く時に、私はとにかく優しい言葉をいくつも並べるという方法を選びました。なぜかというと彼女はそのようにすれば喜ぶに違いないという確信が持てる経験があったからです。私を含めて、彼女に対して優しい言葉をかけてあげる人はたくさんいました。

そのような場合、あまり特別扱いはしてほしくないという理由で喜ばない人も結構いるのですが、彼女はとても喜んでいました。つまり優しい言葉を使えば口説けるに違いないという私なりの確証があったのです。

しかし現実には断られてしまいました。なぜ断られてしまったのかわからなかったのですが気になって仕方がなかったため、共通の知人に確認してもらいました。すると優しい言葉ばかりだとあまりに重すぎるとのことでした。

言われた方にしてみれば、逆にプレッシャーになってしまうということのようです。またどことなくキレイ事ばかりで嘘っぽく聞こえてしまう点もあるようです。

次に女性を口説く時には、今回の失敗を活かしてもっと良い口説き方をできるようにしたいです。

公開日:
最終更新日:2016/03/07